おいしい合宿免許 山形県:米沢ドライビングスクール

おいしい食事を出してくれる合宿免許がいいという人たちにおすすめの合宿免許を紹介しましょう。

合宿免許は運転免許取得が目的なのに、毎日3食手作り料理が食べられるなんて最高のselectではないでしょうか

山形県:米沢ドライビングスクール

まず、あなたに紹介するおいしい合宿免許は、山形県:米沢ドライビングスクールです。この合宿免許は、山形にあります。山形と言えば、あなたは何をイメージするでしょうか。

山形と言えば、日本3大和牛として有名な米沢牛と、サクランボではないでしょうか。

もちろんこの合宿免許で運転免許取得すれば、そのようなおいしい体験もプラスαすることができます。

この合宿免許では、おいしい米沢牛を食べることができるよう、なんとステーキディナーが提供されています。あと、時期によってですが、高級サクランボ、佐藤錦も堪能することができてしまうのです。

ここは合宿免許……だと言うのにです。

あと、この合宿免許では、ボリューム満点のステーキディナー体験もすることができます。

新潟県:新潟関屋自動車学校

次に紹介するおいしい合宿免許は、新潟県:新潟関屋自動車学校です。

新潟県:新潟関屋自動車学校は、 直営レストランで専属の調理師が手づくりでおいしい料理を生徒たちにおもてなししてくれています。

海鮮丼&新潟名物タレカツ丼は、インターネットでもおいしいと評判です。

また、毎朝ほかほかの焼きたてパンを食べることができます。

三重県:伊勢 三重県南部自動車学校

次のおすすめ合宿免許は、三重県:伊勢 三重県南部自動車学校です。

三重県:伊勢 三重県南部自動車学校では、オーガニックバイキングを楽しむことができます。ケーキバイキングは、女性たちに大人気です。

また、合宿免許の外には、赤福餅とか伊勢うどんなども楽しめる伊勢神宮おかげ横丁も。

せっかくここまで合宿免許に来た訳ですし、おいしいグルメは、全部堪能しなきゃ大損です。

このおいしい体験をすることができて、合宿免許はこんなにリーズナブル料金なのです。通学での運転免許取得よりもコストパフォーマンスが全然高い体験をすることができます。

いかがでしょうか。合宿免許には、まだまだ、魅力的なグルメを堪能することができるところが一杯あります。合宿免許は、もちろん運転免許取得する場所なのですが、プラスαを目的として全然問題のない場所です。あなたも自身でしっかりresearchしましょう。

おいしい合宿免許 北海道:KDS釧路自動車学校

合宿免許では、ビュッフェ形式、バイキング形式で食事が出されることが多くあります。やっぱり、合宿免許は食事がメインという人たちが多いようですね。

ケーキやデザートのバイキングのある合宿免許もあり、女性たちに人気です。

今回、食事がメインという方々に、おいしい食事を提供する合宿免許を紹介しましょう。

北海道:KDS釧路自動車学校

まず、最初におすすめ合宿免許は、北海道:KDS釧路自動車学校です。

KDS釧路自動車学校は北海道。北海道まで来れば、おいしい体験ができないはずはありませんよね。がんがんにおいしい体験を期待しましょう。

KDS釧路自動車学校では、ジンギスカンの焼肉食べ放題、海鮮丼……と言ったおいしい北海道グルメをたくさん堪能することができます。更に、「いくらあふれ丼」で有名な「やん衆居酒屋 釧路食堂」の食事500円分も特典としてゲットすることができます。

「いくらあふれ丼」は、北海道の海で水揚げされたイクラを、秘伝の醤油で漬け込んだ超名物です。北海道まで出てきて、これを外していただきたくありませんね。

何よりも、北海道で合宿免許という発想自体素敵ではありませんか。どうせ合宿免許へ行くモチベーションならここまで、大胆に飛躍していただきたいですね。

栃木県:那須自動車学校

次におすすめのグルメのおいしい合宿免許は、栃木県:那須自動車学校です。この合宿免許では、朝と昼と晩、バイキングでのおいしい料理を食べることができます。

この合宿免許は、栃木……。栃木と言えば、やっぱり誰もが、餃子をイメージするのではないでしょうか。名物の宇都宮餃子もバイキングに登場しているということです。

一体どんなバイキングなのでしょうか。本当に、気になりますよね。

更に、この合宿免許では、普通車の仮免許合格時には、食事会にも招待してもらうことができるということです。そして、温泉に無料招待してもらうことができるプランも。教習で溜め込んだストレスは、スッキリ温泉で解消することができます。

長野県:信州駒ヶ根自動車学校

次のおすすめ合宿免許は、長野県:信州駒ヶ根自動車学校です。

長野県:信州駒ヶ根自動車学校では、教習生専用レストランを完備している合宿免許です。この合宿免許には、専属のシェフが常駐しています。和食・洋食・中華のシェフお手製料理をいつだってenjoyすることができるのです。まさに、合宿免許の奇跡と言っていいでしょう。

スピーディーに合宿免許で運転免許取得《島根県》浜乃木ドライビングスクール

合宿免許で運転免許取得は、通学での運転免許取得と比較しても短期間で免許取得出来る方法です。しかし、もっと早く運転免許取得したい思いもあるでしょう。

若い人たちは、いろいろスケジュールも一杯でしょうし。そのような人たちにはこのような合宿免許がおすすめです。

《島根県》浜乃木ドライビングスクール

まず、最初におすすめの合宿免許は、《島根県》浜乃木ドライビングスクールです。

《島根県》浜乃木ドライビングスクールは、【AT・オートマ】13日、【MT・マニュアル】15日で運転免許取得することができます。

この合宿免許には、いろいろなプランがありますので、あなたにマッチングしたものをselectしてください。

この合宿免許は、日本の「夕日百選」にもselectされた宍道湖の近くです。この機会にしっかり観光もenjoyしてみてはどうでしょうか。

周辺には飲食店も多くあるから、食事なしのプランでも全然問題はないと思いますよ。

スピーディーに運転免許取得、かつ、リーズナブル料金を実現することができます。

この合宿免許では女性は教習所内宿舎に滞在することができます。男性は、JR松江駅前のホテルに宿泊します。

《島根県》出雲高等自動車教習所

次のおすすめ合宿免許は、《島根県》出雲高等自動車教習所です。

《島根県》出雲高等自動車教習所は、【AT・オートマ】13日、【MT・マニュアル】15日、スピーディー運転免許取得することができます。

出雲と言えば、やっぱり出雲大社では。出雲大社は、縁結びの神様です。合宿免許で運転免許取得プラスα、しっかり出雲大社に参拝もして、神様にお願いしましょう。

宿泊は、ホテル滞在、充分この合宿免許でも旅行気分を味わうことができます。

ゆうプラザの施設(温水プールや温泉、サウナ、トレーニングジム)は、一回無料で利用することができます。

かつ、毎週アイスクリームバイキングをenjoyすることができます。

《兵庫県》大陽猪名川自動車学校

次のおすすめ合宿免許は、《兵庫県》大陽猪名川自動車学校です。

《兵庫県》大陽猪名川自動車学校は、【AT・オートマ】14日・【MT・マニュアル】15日でスピーディー運転免許取得できる合宿免許です。

大阪からわずか50分!合宿免許というのに、全然面倒くさい感じはありません。気軽なモチベーションで、合宿免許に行くことができます。

そして、合宿免許であっというまに運転免許取得が出来てしまのうのです。この合宿免許は、教習所敷地内に宿泊施設があるので移動が大変便利です。

宿舎がキレイでセキュリティーも万全、女性たちに評判です。

ママも合宿免許で運転免許取得したい

合宿で免許取得したいと思っているママさんも多くいらっしゃる
ことでしょう。しかし、ママには、子供が……、面倒も、育児も見なければならないので、そもそも合宿免許は無理……ということになってしまうのでしょうか。

しかし、合宿免許ならあきらめる必要はありません。合宿免許では、生後6ヶ月以上から就学前(5歳児)の子供さんと一緒に合宿免許に参加することができるプランが提供されていることがあります。

合宿免許の教習の最中は、教習所の中にあるキッズルームで保育士がサポートしてもらうことができるから、ママも安心して運転免許取得に専念することができます。

宿泊は、親子で相部屋でもまるまる一室貸切利用がOKとか、また、ツインのお部屋をselectもすることができます。そんな嬉しい体験をすることができる合宿免許は、ここです。

北海道 KDS釧路自動車学校

まず、ママさんにおすすめ合宿免許は、北海道 KDS釧路自動車学校です。

北海道 KDS釧路自動車学校では、教習所の中には保育所を完備、だから若い人たちと一緒に、悠々と運転免許取得することができます。

ママさんも、合宿免許で運転免許取得をいい機会として羽根を伸ばし、若返ることができるのではないでしょうか。

申込みは女性かつ35歳以下限定です。健康保険証や母子手帳の持参が必須です。子供さんの人数が2名以上の場合は、別途料金が必要です。

託児室の昼食は、通常食の子供さんに対して200円(税込)でお弁当を用意しています。基本、子供さんの食事は提供していません。

鳥取県 倉吉自動車学校

次のママさんにおすすめ合宿免許は、鳥取県 倉吉自動車学校です。鳥取県 倉吉自動車学校は、大阪からのアクセスも抜群、気軽なモチベーションで合宿免許へ行くことができます。

この合宿免許でも、キッズルームを完備しているので、ママさんも安心して運転免許取得することができます。

いまは、女性の人たちが運転免許取得したい率も非常に高いから、合宿免許でもこのような配慮をしているところを多く見つけることができます。

ママさんといえどもまだまだ若いから、運転免許取得をして更にステップアップしたいと思っているのではないでしょうか。

条件は、女性かつ35歳以下の方、子供さんの年齢は生後6ヶ月以上~6歳の年長児までです。健康保険証や母子手帳を持参してください。

ツインか、シングルで、ベッドが1つなので、ひとつのベッドで子供さんと添い寝となります。

茨城で合宿免許 大宮自動車教習所

合宿免許へ行きたいけど……、 あなたはどこの合宿免許か既に決定されたでしょうか。茨城が気になるという人たちもいらっしゃることでしょう。合宿免許は、茨城を知るためのいい機会なのかもしれません。 合宿免許は、イコール、観光をenjoyするための手段なのです。

茨城で合宿免許

いろいろな場所で運転免許取得することができるのが、合宿免許のメリットです。あなたの選択肢は、茨城かもしれないですよね。

茨城とは、 関東地方の北東にあるエリアのことです。東京からも至近距離にあり、東京観光を兼ねるという人たちもいらっしゃることでしょう。

茨城は、地味というかもしれませんが、全然そういうこともないとて思いますが。ただし、観光ではなかなか行かないエリアということならば、合宿免許というのは、そのようなエリアで新しい発見をするいい機会とも言うことができます。

茨城は、太平洋沿岸部特有の温暖で穏やかな気候で、平地が多いこともあって冬でも雪が少なく、結構住み心地のいいエリアなのです。

観光スポットとしては、 袋田の滝や伊師浜海岸、 弘道館や偕楽園、 牛久大仏やシャトーカミヤ。更に、グルメと言えば、水戸の納豆……という感じではないでしょうか。

更に、合宿免許で茨城の新しい発見をしましょう。そんなあなたは、大宮自動車教習所がおすすめです。

大宮自動車教習所

茨城でおすすめの合宿免許は、大宮自動車教習所です。大宮自動車教習所は、 インターネットのinformationでは、宿舎食堂の料理がおいしいと評判です。いちいち何を食べようか迷う合宿免許よりも全然魅力的だと思いますが。

更に、この合宿免許は、教習コースは約28,000m2で外周路は4車線……、まさに、通学での運転免許取得ではなかなか体験出来ないダイナミックなスケールではないでしょうか。教習所内で車線変更の教習もお任せください。合宿免許は、運転を学ぶところです。しっかり、技術、ノウハウを勉強しましょう。

更に、些細なことを言えば、教習所の発着場が屋根付きという配慮が……。だから、雨の日だって濡れないですいすい運転免許取得することができるのです。

更に、宿泊施設は学校敷地の中にあって、まるで、ホテルかのような出来映えです。教習のあいまあいま、自分の部屋でゆったり過ごすことができます。

いかがでしょうか。実は、ここは関東でもトップランキングに属する程の人気の合宿免許なのです。予約も一杯なので、あらかじめしっかりcheckしましょう。

通学免許と合宿免許の違いや強みを解説!

通学免許の特徴

通学免許は教習所などに通学しながら免許を取る方法です。基本的にある程度自由に授業を受けるスケジュールを決めることが出来るため、仕事や学業と並行しながら取得する場合に選ばれやすい方法です。免許取得のためには必要な教習時間が座学と実技でそれぞれ決められており、まずはその時間分の受講をクリアする必要があります。座学になる学科は第1段階で10時間、第2段階で16時間の合計26時間、実技となる技能では第1段階12~15時間、第2段階19時間ほどが必要です。

またこの教習は1日に受けられる時間に上限が定められているので、2~3日で一気に消化することはできません。第1段階は2時間、第2段階は3時間と決められているのでどんなに早くともおよそ半月はかかる計算となります。しかし技能や知識がすでに備わっているのなら比較的早く取得することが可能なので、敷地内での運転経験や知識などがある場合には通学免許の方が良いケースもあります。

このように自由なスケジュールや、場合によっては短期間での取得も可能な通学免許ですがデメリットも存在します。それは実技となる技能教習の予約が取りにくい事です。学生の長期休みや受験直後などは、免許を取りに来る学生が詰めかけるため教習所の繁忙期になります。この時は実技に使う場所の予約が非常に埋まりやすく、思ったとおりに予約が取れない事も多くなります。閑散期であれば困ることもありませんが、夏休みなどにやろうと思うとスケジュールと噛み合わない事も増えるでしょう。またスケジュールが自由な反面、自分でしっかり勉強計画を立てなければいつまでも免許の取得がうまくいかないので、率先して取り組む行動力が求められます。

合宿免許の特徴

合宿免許は2週間ほどのまとまった期間合宿所に泊まり込んで集中的に座学、技能教習を受けて一気に免許を取得する方法です。朝の9時から夕方の7時ほどまでみっちりと座学、技能教習を行うのでハードですが、それだけ短期間で免許取得を済ませることが出来る短期集中的な方法です。座学教習のスケジュールや実技に使う車の予約などを教習所側がすべてやってくれるので自分で計画を立てる必要がないですし、プロの立てた教習スケジュールなので効率的で無駄なく学ぶことができます。

しかし集団学習という形になるので、自分のペースで学ぶことはできず、人によっては学習に付いていくのが大変になるかもしれません。また集団生活が苦手な場合はストレスもありますし、入学中は自宅に帰ることもできませんので、ペットを飼っている場合は友人や施設に一時的に預けておく必要もあります。しかし1日のスケジュールが決まっているので生活リズムは健康的なものとなるでしょう。また集団生活は普段にはない人と知り合う機会でもあり、教習所で友人が出来たという人も少なくないので、人付き合いが苦手な人にとっては良いリハビリになります。

通学免許と合宿免許は自分に合った方を選ぶのが吉

勉強のペースは自分で決めたい、仕事をやっていて纏まった時間が取れないという人は通学免許が良いでしょう。時間に余裕があり、面倒なことはあまり考えずとにかく授業に出ていれば取れる方が良いという場合は合宿免許が向いていると言えます。

行く前に知っておきたい合宿免許の基本知識

そもそも合宿免許とは?

合宿免許とは、その名の通り、合宿所を利用して運転免許を取得する方法です。一定の期間を教習所が指定する宿泊施設に滞在し、集中的に教習を受けることができます。通学型の場合、自分で学科教習を計画的に受講し、技能教習は事前に予約を入れて受けることが必要です。予約は時期によって混雑することもあり、上手にスケジュールを組まないと予定通りに卒業できない場合もあります。対して、合宿免許は、短期間で卒業できるように、最初から効率的にスケジュールが組まれているため、スムーズに教習を受けることが可能です。また、普段とは違う環境のなかで、ちょっとした旅行気分を味わいながら免許取得を目指せる点も合宿免許ならではの特徴となっています。空き時間などには、教習所の周辺を散策したり、その土地のグルメを味わったり、一緒に合宿する仲間と交流を深めたりといった楽しみがある点も魅力です。

入校後はどんなことをするの?一般的な合宿免許の流れとは

合宿所入校後の詳細な流れは教習所によって異なりますが、一般的なスケジュールの流れは以下の通りです。まず、入校日に事前に指定されている場所へ行ったら、その後に入校手続きと合宿に関する説明があります。さらに、同日中に視力や聴力、基本的な運動能力の適性検査が行われ、教習前の受講が必須となっている運転者の心得を学ぶ先行学科を受けることが通常です。先行学科を受講すると、次に行われるのが第1段階の学科教習と技能教習となります。学科は運転に必要となる基本知識を学び、技能は運転操作や走行における基本的な知識を学ぶ講習です。学科教習の講習時間は10時限ですが、技能教習は取得する免許の種類によって異なっています。具体的には、普通車AT車が12時限なのに対して、MT車は15時限です。

既定の講習をすべて受けたら、仮運転免許証(仮免)の学科試験があり、仮免を取得すると第2段階の学科教習と技能教習に入ります。普通車の教習は、学科が16時限、技能が19時限です。第2段階では、第1段階よりも実践的な内容となり、技能教習では路上での走行練習も始まります。すべての受講が終わったら卒業検定が行われ、卒業式を開催し、合宿は終了です。ちなみに、教習時間の1時限は50分となっていて、技能教習に限り、1日における受講時間について上限時間が法令で定められています。具体的には、1段階が2時限、2段階は3時限が上限です。加えて、2段階の受講時間の上限である3時限は、連続で受講することはできません。そのため、体への負担に無理なく運転技術を学ぶことが可能です。さらに、空いている時間は自由に過ごすことができます。

事前に用意しておくべきものとは

合宿免許では入校当日に手続きがあるため、住民票や印鑑、本人確認書類の持参を忘れてはいけません。本人確認書類は、有効期限内の免許証を持っていない場合、パスポートや健康保険証、住民基本台帳カードのいずれかを用意することとなります。さらに、書類の記入、受講や試験で使用する筆記用具も欠かせない持ち物です。加えて、運転に必要とされる視力が不足している場合には、メガネやコンタクトレンズも必須となります。また、身分証明書として必要としない場合でも、合宿中に体調を崩したときを考慮し健康保険証を持って行っておくと安心です。

念のため、風邪薬や胃薬などの常備薬も用意しておくとさらに万全となります。そのほかには、宿泊に備えて、タオルや洗面用具、着替えなども一式忘れずに持って行くことも大切です。宿泊施設内の移動やお風呂上りなどにはスリッパもあると便利です。さらに、入校日の天気が良くても、念のため傘を持っていったほうがよいでしょう。スマホなどを持参するなら、充電器も忘れないようにしたいものですよね。

自動車免許の種類はどのような場で役立つ?

1種免許が役立つシーンとは?

合宿免許で取得できる自動車免許には、自家用などの自動車を運転できる1種免許と旅客の仕事に必要な2種免許、作業に生かせる特殊な免許があります。1種免許は普通自動車免許と準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許の7種類です。

普通自動車免許は、総重量3.5トン以下のいわゆる「自家用車」と呼ばれる車種のほとんどと原付バイク、小型特殊自動車を運転でき、生活で車を使うにはこの免許1つで事足ります。準中型自動車免許は普通自動車免許で運転できる車種に加えて軽トラックの運転が可能であるため、生活で役立てるほかに重量がそれほど多くない荷物を運ぶ上で役立つ免許です。

中型自動車免許の場合は準中型自動車免許で運転できる車種に2トントラックも乗れるため、小規模な運送業でも活用できます。大型自動車免許は中型自動車免許で乗れる車種のほか、4トントラックも運転可能であるため、大量の荷物を運ぶうえで便利です。なおAT車限定の場合やトン数限定の場合は、乗れる車種に制限がある点に気を付けなければいけません。

原付免許はスクーターに乗れるため、自動二輪で簡単な移動に適しています。普通二輪免許は普通のバイクに加え、原付免許で運転できる車種やコンバインなど小型特殊自動車が運転可で、ツーリングや農作業で重宝する存在です。大型二輪免許は大型のバイクなどすべての二輪車と小型特殊自動車に乗れます。

2種免許が役立つシーンとは?

2種免許は有料で利用するお客さんを乗せるために必要な免許で、普通2種免許と中型2種免許、大型2種免許があります。普通2種免許であれば定員10人までのタクシーやハイヤーに乗れるため、自動車を使った事業運営が可能です。中型2種免許は定員29人以下の車両も運転できるため、有料のマイクロバスやコミュニティバスの運転に適しています。大型2種免許は路線バスや観光バスなど30人以上の有料車両を運転できるため、バス会社や観光会社で活躍できるでしょう。

特殊な免許が役立つシーンとは?

合宿免許で取得できる自動車免許には、ほかにも特殊な免許が存在します。何らかの作業に役立てられるものが多く、小型特殊免許と大型特殊免許、けん引免許、大型特殊2種免許、大型けん引2種免許の5種類です。小型特殊免許はトラクターなどの小型特殊自動車を運転できるため、農作業で必須の免許といえます。大型特殊免許は小型特殊自動車に加え、フォークリフトや除雪車といった大きめで特殊な作業に使う車両を動かせるため、工場や倉庫、雪道などで作業可能です。

けん引免許はトレーラーや事故で動けなくなった自動車を引っ張って運転する際に必要な免許であるため、大型トレーラーを使って多くの荷物を運搬するときに役立ちます。けん引免許は大型けん引2種免許もあり、こちらは2両以上が連結された路線バスを運転する際に重宝する免許です。最後は大型特殊2種免許ですが、この免許で運転できる車両は現在の日本では走っていません。ただ就職活動などで運転技術の高さを示す存在として使えるでしょう。

合宿免許で持っていくと便利な持ち物は?

合宿免許に持っていくと役にたつ持ち物

合宿免許では、教習所から教習に必要な筆記用具や、宿泊施設で必要な洗面用具などの持ち物の指示があります。それ以外にも持っていくと便利な持ち物があります。合宿免許の期間は約2週間です。海外旅行や長期の国内旅行の際に持っていって重宝したものは、合宿免許においても個々の必須アイテムといえるでしょう。また合宿免許ならではのオススメの持ち物もあります。

合宿中は自宅とは違う環境で約2週間を過ごすことになります。自宅とは食事の内容や睡眠の環境がかわります。このような生活パターンの変化によりお肌やお腹の調子を崩す人がでてきます。ビタミンB群やビタミンCなどのサプリメント、整腸剤などがあると安心です。サプリメントは錠剤やカプセルタイプになっているものの方が扱いが楽でしょう。即効性のあるドリンク剤も良いですが、瓶が割れることも考えられるので避けた方がベターです。スティックゼリータイプを何本か持っていくという方法もあります。

また普段から飲んでいる薬がある人は忘れずに持っていきましょう。合宿免許のエリアはシティではなく自然が豊かな地域で、ドラッグストアやコンビニまでは少し距離がある場合もあります。知らない街でドラッグストアを探すのは意外と大変です。例えば片頭痛持ちの人にとって頭痛薬は心のお守りとしても活躍します。普段から飲みなれたものを持っていた方が余計な心配をしなくてもすみます。
もちろん低用量ピルなど毎日飲まなくてはならない薬も忘れずに持っていきましょう。低用量ピルなどは処方箋がないと購入することができません。飲んでいる薬が合宿の途中で切れてしまわないよう、2週間分の在庫を確認することも忘れずに。

そして合宿免許では講義や技能講習の繰り返しで、運動不足になりがちです。教習所や宿泊施設の近くには公園や空き地があることも多く、軽く汗を流せるようなスポーツ用品があると心も体もリフレッシュできます。教習所で仲間がたくさんできると、近くのショッピングセンターにサッカーボールやバドミントンを買いに行くケースもあります。ひとまずはコンパクトサイズでつぶした状態で持ち運びができるビーチボールなどがあると盛り上がります。
また教習所ではどうしても空き時間ができてしまうことがあります。その時間の過ごし方はそれぞれで、交通ルールの勉強をしたり、トランプやウノをしたりする人もいます。2人、4人などとプレイする人数が決まっているカードゲームではなく、少人数でも大人数でも対応ができるカードゲームが役にたちます。