合宿免許の生活の流れを知っておこう

合宿所での教習や食事はどうなっているか

此れから免許を取得したいと考えている人の中には、合宿免許に通ってみたいと考える人は少なくありません。ただ、合宿免許の生活そのものがわからないため不安でなかなか申し込みをすることができない人もいるはずです。そこで、合宿免許に入所した1日の生活を理解しておきましょう。今まで夜勤の仕事をしていた人でもあるいは生活が乱れてお昼ぐらいに起きていた人でも、合宿免許に入ってからは規則正しい生活をする必要があります。合宿免許は、通学するときの教習所に比べて最短で2週間程度早く免許を取得することができるのが特徴です。そのため、朝一番で教習を受けることも多くなるでしょう。例えば、午前中の1限目の授業を受講した場合には、朝8:30から9:00にスタートすることがほとんどです。そうすると、起きる時間も朝の8:00かそれより前になるでしょう。

朝起きてからは、宿泊しているホテルや教習所の食堂で食事をするのが基本です。バイキング形式になっているところもあれば、一人一人料理が出てくるところもあります。教習所に行くときは、教習所から徒歩で行ける距離にあるホテルや宿泊所ならば徒歩で教習所まで通うことになります。しかし、自動車でなければ通うことができない場合には教習所が用意したスクールバスで一斉に通うことになるでしょう。

教習所に着いたら、教習簿の受け取りや配車手配を行っていきます。技能教習からスタートする人もいれば学科教習からスタートする人もいます。学科教習は2コマ連続で行われることもありますので、集中力を養うべくしっかりと夜のうちに睡眠を取っておくことが重要です。午前中の授業が終われば合宿所に戻ってお昼ご飯が出されます。お昼御飯を食べた後、午後の教習を受講している人は再びスクールバスに乗り教習所に戻る流れです。一方で、教習をとっていない人は自室で待機することが多くなります。その間は、プライベートの時間になります。試験で一発合格を目指すために勉強をしてもよいでしょう。

宿泊する場所ですが、最近の合宿免許は一人一部屋が原則になっています。かつては、一部屋に数人が宿泊するタイプでしたが、よりプライバシーを重視されているところは人気があるため、それに合わせて多くの合宿免許では一人部屋を用意するようにしています。
ただ、友達と一緒に参加するような場合には相部屋が用意されていることもあります。もし、一人の場合でも友達が欲しければ相部屋を選んでみてもよいでしょう。試験前に同室のメンバーと問題の出し合いなどをすれば、一人で勉強するよりも効率よく覚えることができるかもしれません。

安くて短期間で免許を取得できる合宿免許

合宿免許とは一体何なのでしょうか

免許取得には合宿免許で取得するか、免許センターへの通学をして取得する方法があります。通学して免許を取得する場合、自宅から近い免許センターへ通うことができる上、1日中拘束されることがないというメリットはありますが、数週間かかってしまいます。一方合宿免許は教習所付属の宿泊施設や近隣のホテルなどに最低2週間程度滞在することになるため、拘束される期間は継続的で長いものの、通学で取得する免許より安く抑えられる上、たった2週間で効率的に取得できるのです。そのため2週間という時間を作ることができる学生のうちに取得する人が多い傾向があります。

合宿免許のスケジュール

合宿免許の免許取得までのスケジュールとして、簡単に説明すると、取得する免許センターにもよりますが、最初の1週間は座学講習がメインです。その間、数回の効果測定(小テストのようなもの)があります。1週間を過ぎると、本格的な路上研修が開始します。そして最終日に、路上の運転と駐車スキルを確認し、合格すれば免許合宿終了となります。不合格の場合は延泊となりますが、多くの合宿所で数日の延泊であれば費用負担が無いケースが多いです。免許合宿は終了となりますが、すぐに免許を獲得できるわけではありません。地元に帰ってから免許の筆記試験を行わなければならないのです。これは自分の戸籍が登録されている地域で受けなければなりません。更に免許合宿が終了してから筆記試験を受けるまでにはリミットがあるため、合宿免許で実技が合格したからといって油断せず、筆記試験を受けることを忘れないようにしましょう。

免許合宿での滞在生活

免許合宿のメインは免許を取得することにあります。しかし、2週間という貴重な時間を割くわけですから、現地での友人を作りたい、観光もしたいという気持ちもあるのではないでしょうか。確かに2週間で免許を取得しなければならないため1日のスケジュールはほぼ埋まっているといっても過言ではないでしょう。ただ、夕方以降・昼食休憩時間はありますし、免許センターによっては週に1~2回程度の頻度でイベントを開催することもあります。例えば、山形県の免許センターでは地域名産の「芋煮」をその期間に合宿で訪れていた人皆で食べるようなイベントを開催しているセンターが多いです。友人同士で来る人が多いですが、もちろん一人で合宿免許に来る人もいます。
また、滞在先のホテルについて、しっかりホテルを選ぶ、もしくは費用を惜しまずホテルをランクアップすれば、温泉が併設されているホテルや、地域ならではのアクテビティを体験できる施設もあります。せっかく遠方で2週間も滞在できるのですから、免許を取得するとともに、現地の観光や味覚も楽しみましょう。

合宿免許で持って行くと便利な持ち物

安眠グッズ

合宿免許は大部屋で他人と一緒に寝るというスタイルです。中には料金を上乗せして個室に泊まれるというケースもありますが、多くの場合は二段ベッドなどで寝ることになります。他人と一緒の空間で熟睡できるのであれば問題ありませんが、神経質な方は気持ち良く寝ることができません。睡眠不足になれば安全運転が難しくなりますし、学科の内容も頭に入りません。熟睡しやすい環境を作ることが大切で、その為にアイマスクや耳栓などの安眠グッズは欠かせません。いびきや寝返り時の音で起きることがなければ、熟睡できて翌日のパフォーマンスも上がります。それに、合宿免許は一日二日の話ではないので寝れなければ疲労は溜まる一方です。疲れがピークに達してケアレスミスなどが続けば、合宿を途中で辞退するという最悪の状況になりかねません。アイマスクや耳栓は大きな荷物でもないので、持ち込んで損はありません。

自分に合った薬

合宿は長期間ですし、いつもとは全く違う環境になるので体調を崩すことも珍しくはないです。大きく体を壊せば合宿の続行は難しいですが、軽い風邪などであれば薬を飲んで頑張らないといけません。例えば風邪薬にしても自分に合う薬とそうでない薬があるので、自分で持ち込んだ方が賢明です。薬が合わなければいつまで経っても体調が良くならないので、運転や座学に集中できません。合宿は多くの人が参加するので、風邪をこじらせたまま過ごすと感染が広がってしまう可能性もあります。自分の為の薬であることはもちろんですが、同じ参加者の為の薬でもあります。

薬以外だと、湿布も有効です。合宿は一気に教習を進めるので、運転する時間が長くなったりします。運転に慣れていない体で何時間も運転すると、脚や肩など普段使わない筋肉に負荷がかかるので疲れます。湿布はそんな筋肉の疲れを癒すことができるので、持っていると便利です。

バリエーション豊かな服

合宿は必ずしも住んでいる周辺で行われるとは限らず、全く別の場所に移動する可能性もあります。特に標高の高い場所であれば朝晩の気温差が大きいので、同じような服ばかりだと気候に対応できない可能性があります。合宿先の気候を確かめるのはもちろん、どんな気温変動にも耐えれるように服のバリエーションを豊かにしておくことは大切です。例えば夏場なら半袖だけでなく、長袖も持参するという具合です。ただ、服は安眠グッズや薬と違って荷物になるので、熟考した上で適切な服を選択しなければいけません。

合宿免許と通学免許のどちらを選ぶ?

短期でとりたいなら合宿免許

教習所に通って免許を取る方法には大きく分けて合宿免許と通学免許という形があります。合宿免許はその名の通り、教習所やその近辺で宿泊しながら教習を受ける形です。一人でも参加できますが、友人などと旅行感覚で一緒に参加するという方も多いです。学生さんなどが長期の休みを利用して免許取得をするときに選ぶことが多い形です。宿泊場所は教習所に近かったり、送迎がついていたりという事で通学に支障はないため、余計なことを考える必要がなく、免許取得に集中することが出来ます。効率的な教習プランが組まれていることもあり、短期で免許を取得したいというときに向いています。こうしたメリットが合宿免許にはあるのです。

デメリットとしては、宿泊を伴いまとめて教習を行うということにより、仕事を持っている方などは参加しにくいということがあります。基本的に効率的に教習をこなせるようにスケジュールが設定されていますが、個人の技能や進み方はそれぞれ異なるので、付いていけない場合には大きく予定が狂う事もあります。教習日程が延びると宿泊費用もかさみますし、仕事や学校との兼ね合いが難しくなることもあります。こうした問題が起こった時の対処は利用前に考えておきたいものです。

通学なら都合に合わせて教習ができる

教習所に通学して教習を受け免許取得を狙うという場合、自分の都合に合わせやすいというメリットがあります。仕事や学校が休みの日や早く終わる日に教習の予約を入れておけば、仕事や学校がある時でも両立させやすくなります。まとまった時間や日程が取れなくても、空いた時間を利用して少しずつ進めていくことも出来るようになるのです。忙しい方にとってはこの形が免許取得を現実的なものとしてくれるでしょう。

デメリットとしては教習期間が長くなりやすいことや自分でスケジュールを考えて予約を入れなければならず、高度な管理能力が問われるという事にあります。仕事などの予定がなかなか立たないという場合、予約が入れにくく混雑している時にはなかなか教習が進まないという事もあるのです。この時までに免許を取りたいと思っても、スケジュールがずれ込んでしまい予定が狂う事もあります。また、教習所が近くにない場合などは、通うたびに交通費や時間がかかることもあるので、長くなると負担も大きくなりやすいのです。通学の場合はこうしたデメリットを考えて、きちんとしたスケジュールなどの管理を行っていくことが必要となるでしょう。

14種類の自動車運転免許が取れる合宿免許

合宿免許の概要について

合宿免許は、数多くの自動車運転免許を取得する事が可能であり、合計で12種類が準備されています。そして、オートマチック車(AT)のみ運転出来る普通自動車AT限定・大型自動二輪AT・普通自動二輪ATの3つを加えれば15種類もの免許があります。最も代表的な免許は、一番取得者が多い普通自動車免許(AT/MT)であり、18歳以上・色の識別が可能・両眼合計の視力が0.7以上といった取得条件があります。MT車はAT車より操作がやや複雑になる事から、MT車の方が3時限だけ技能教習が増えて、卒業までの日数(MT車は16日か17日)も2日程度増えるのが一般的です。普通自動二輪車と大型自動二輪車の違いは、普通自動二輪免許が二輪車の排気量が400CC以下且つ16歳以上になると取得可能で、大型自動二輪免許はどの排気量の二輪車にも乗れ、18歳以上であれば取得する事が出来ます。

大型自動車や中型自動車などはどうなっているのか

普通自動車・二輪車同様に著名な自動車免許は、大型トラック・観光バス(30人以上)・ダンプカーなどに乗れる大型自動車免許です。主な取得条件としては、普通自動車・中型自動車免許を取得してから3年以上経過している事や、視力・色覚・聴力なども一定の条件クリアが必要です。中型自動車免許は、普通自動車免許を取得してから2年以上経過している事が条件であり、マイクロバス・引っ越しなどで使われる貨物車両の運転が出来ます。準中型自動車免許は、2017年3月に新設された運転免許であり、普通自動車同様に他の免許を取得する事なく、18歳以上の人なら取得出来ます。準中型免許は、普通自動車免許では運転する事が不可能な、車両総重量が重くなりがちな冷蔵車両・冷凍車両を運転する事が出来るので、物流業界で働く人に必要不可欠な免許と言えます。

2種免許は営業用車両の運転時に必要

自動車運転免許は、営業用車両を運転する事が出来る2種免許の区分があります。大型自動車・中型自動車・普通自動車に2種免許の設定があり、大型自動車は路線バス、普通自動車はタクシーなどに乗車出来ます。なお、飲酒したドライバーの代わりに車を運転する代行運転手は、普通自動車2種免許が必要となっています。全ての2種免許は、普通自動車免許を取得してから3年以上経過した者のみが取得可能であり、高度な運転技術に加えて詳しい運転知識が必要な事から、学科試験は難易度を高めています。なお、2種免許に関しては、普通自動車のみMTとATの設定があります。

これら以外に、合宿免許で取得可能な自動車免許は大型特殊とけん引があり、大型特殊は工事・大規模農地・除雪などの現場で活躍する車両を運転出来ます。大型特殊免許は、他の自動車免許が無くても運転する事が可能で、18歳から取得にチャレンジ出来ます。けん引は、コンテナを輸送するためのトレーラー車や鉄道車両を輸送する際に必要な免許となっていて、2種免許同様に高度な運転技術が必須と言えます。

合宿免許で取得できる自動車免許を全て解説

一般の自動車免許の種類

合宿免許で取得できる一般の自動車免許の種類には以下のものがあります。

・普通免許
普通自動車や軽自動車を運転するための免許です。自動車免許を取得する人の大半はこの免許を取ります。オートマチック車専用のAT限定免許とマニュアル車も運転できる普通免許があります。同時に原付(原動機付自転車)免許も取得できます。

・中型免許
中型自動車を運転するための免許です。中型自動車は大型自動車に該当しない車で、車両総重量が7,500kg以上11,000kg未満、最大積載量が4,500kg以上6,500kg未満。または乗車定員11人以上29人以下の車のことです。具体的には4トン積トラックやマイクロバスなどですが、これらの車は大型自動車にも存在するので、事前に確認が必要です。同時に原付(原動機付自転車)免許も取得できます。

・大型免許
大型自動車を運転するための免許です。大型自動車は車両総重量が11,000kg以上、最大積載量が6,500kg以上、または乗車定員30人以上の車のことです。具体的には11トン積以上の大型トラックなどです。大型免許を取得すると、普通自動車や中型自動車も運転できます。同時に原付(原動機付自転車)免許も取得できます。

・小型特殊免許
小型特殊自動車を運転するための免許です。小型特殊自動車はフォークリフトやトラクター・コンバインなどの特殊車両のことです。小型特殊自動車は原付免許以外の全ての免許で運転できるので、職業に必要な場合以外は他の免許を取得して同時に取得するのがよいでしょう。ただし小型特殊自動車で作業を行う場合は、作業資格の取得が必要な場合があるので事前に確認が必要です。

・大型特殊免許
全ての特殊車両を運転するための免許です。大型特殊自動車にはショベルカー、ロードローラー、クレーン車などがあります。大型特殊免許は道路上を運転するための免許で、作業をするには作業資格の取得が必要になるので、使用したい車種の作業資格も取得しましょう。

・けん引免許
けん引自動車を運転できる免許です。けん引自動車は運転席と荷台や客車が分離できる自動車のことです。トラクターやトレーラーなどがあります。総重量750kg以下の車をけん引するときや故障車をロープなどでけん引するときは、けん引免許は必要ありません。

・準中型免許
準中型免許は車両総重量7,500kg未満・最大積載量4,500kg未満の自動車を運転するための免許です。中型免許を取得すれば必要ない免許なのですが、中型免許の取得には普通免許を取得して2年以上経過している必要があります。つまり最低でも20歳以上でなければ取得できません。そのため高卒でトラックの運転手などになりたいのに免許が取れないという問題がありました。そこで2017年3月12日に準中型免許という区分が設けられ、18歳で2tトラックなどの小さめのトラックが運転できるようになりました。準中型免許を取得すると普通自動車も運転できます。同時に原付(原動機付自転車)免許も取得できます。

バイクの免許の種類

合宿免許で取得できるバイクの免許の種類には以下のものがあります。

・原付免許
原動機付自転車を運転するための免許です。50cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6kW以下)のバイクが対象です。原付免許は他の自動車免許を取得すると大抵同時に取得できるので、原付にしか乗らない人や、とにかく急いで自転車などより速い移動手段が欲しい人以外は、他の免許を取得して同時に取得するのがよいでしょう。

・小型二輪免許
排気量が50ccを超えて125cc以下のバイクを運転するための免許です。オートマチック車専用のAT小型二輪限限定免許とマニュアル車も運転できる小型二輪限定免許があります。

・普通二輪免許
排気量が50ccを超えて400cc以下のバイクを運転するための免許です。オートマチック車専用のAT限定普通二輪免許とマニュアル車も運転できる普通二輪免許があります。

・大型二輪免許
排気量が400ccを超えるバイクを運転するための免許です。オートマチック車専用のAT限定大型二輪免許とマニュアル車も運転できる大型二輪免許があります。ただし、AT限定大型二輪免許は650cc以下のオートマチック車しか運転できないため、650ccを超えるオートマチック車を運転したい場合、AT限定大型二輪免許の限定解除審査に合格する必要があります。大型二輪免許は全てのバイクを運転できます。

第二種免許の種類

2種免許(第二種免許)はバスやタクシーなどの旅客自動車を旅客運送のために運転したり、お酒を飲んだ人の代行運転業務を行うための免許です。合宿免許で取得できる第二種免許の種類には以下のものがあります。

・大型第二種免許
大型自動車免許で運転できる自動車で旅客運送や代行運転業務を行うための免許です。

・中型第二種免許
中型自動車免許で運転できる自動車で旅客運送や代行運転業務を行うための免許です。

・普通第二種免許
普通自動車免許で運転できる自動車で旅客運送や代行運転業務を行うための免許です。

大型特殊第二種免許とけん引第二種免許は自動車教習所での教習はありません。

合宿免許と通学免許の大きな違いはどこに?

合宿免許と通学免許・・通いと合宿で利点は大きく違う

これから自動車運転免許を取得したいと思っている方にとって「合宿」にするか「通学」にするか、これは大きな悩みでしょう。合宿免許は短期間で集中して免許を取得できることや、予約など優先的にとることができる、また費用が安いという点が大きなメリットです。通学免許は普段の生活をしながら免許取得に励むことができること、宿泊の準備などなく通いで免許の取得ができることがメリットとなります。

自動車教習所に通う前に合宿免許と通学免許の違い、合宿免許のメリット・デメリットなどを理解しておくべきでしょう。その上で自分にあった方法を選び効率のいい免許取得を考えるべきです。

合宿免許と通学免許の大きな違いとは?

合宿免許は名前にもある通り、教習所にある合宿所やホテルなどの宿泊施設に泊まりながら教習所設定の期間内で免許を取得する方法です。通学免許は自宅から教習所に通い免許を取得する方法で、一般的には通学で免許を取得する人のほうが多いといえるでしょう。

昔は合宿免許を利用する人も少なく、費用的にも現代の合宿免許のようにかなりリーズナブルということもなかったのでそれほど人気がありませんでした。しかし現代ではリーズナブルということのほかにも利点が多い免許取得方法として注目されています。

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許のメリットといえばやはり安くて早く免許を取得できるという点です。宿泊して教習所へ一気に通うというイメージで、学科に関しても実地に関してもスケジュールを「詰めて」優先的に受けることができるため、運転免許を早く取得できます。通常通学で免許を取得する場合、技能講習になると教習の予約を取る必要がありますが、合宿免許はすでにカリキュラムに組み込まれているため、予約を取る必要もありません。

通学の場合、通うのが面倒になってしまったり技能講習の予約がなかなか取れず免許取得が予定よりもかなり遅くなることもあります。合宿免許の場合は合宿中の一定期間で運転、交通法規などを学び効率よく免許を取得できるのです。しかも金額は宿泊込み、施設によっては食事込みでもかなりリーズナブルです。

ただし、合宿に参加するためには連続した日程が必要となるため、社会人が合宿免許を利用するというのは難しいでしょう。基本的に教習所で合宿している間は家に帰ることもできないので仕事している方が合宿免許を利用するのは難しいと思います。学科も技能も通学免許より進みがずっと早いので、しっかりと勉強する必要もあります。学生の間に免許を取得しておきたいという人や、転職などで絶対に免許が必要な人など、免許取得に自分の時間を一定期間避ける人に向いている免許取得方法です。

合宿免許での生活を知ろう

短期間で免許を取得するなら

自動車やバイクの免許を持っていると生活がより便利になりますし、仕事の面でも役立つことは多いものです。免許を取得する方法としては、地元の教習所を選ぶ人も多くなっていますが、夏休みなどまとまった休みがとれる人には合宿免許も人気です。合宿免許は宿舎に泊まりながら集中して免許を取得する方法で最短なら2週間程度で取得できます。そして、教習所に通うとなると多くの費用も発生しますが、合宿免許は宿泊費や交通費、食費なども込みで低価格ということも人気です。ひとりで参加することはもちろん、友人と一緒に参加する人も多くなっています。合宿免許では、普通自動車免許が取得できることはもちろん、バイクや特殊免許まで幅広く対応しています。

空き時間も有効に活用しよう

合宿免許は宿舎に泊まり込んでの参加となりますので、滞在中はどのように生活するのかも知っておきたいところです。短期間で免許を取得するためにはスケジュールに沿った生活を送る必要があります。まず、朝は6時半~7時ごろに起床し、8時ごろに朝食をとることが一般的です。その後は9時ごろから技能教習が学科教習が行われ、教習が終わったあとは休憩があります。あらかじめスケジュールは組まれていますので、教習の予約を行う必要はありません。昼食後は13時ごろからまた技能教習や学科教習が行われます。19時ごろには夕食となりますが、その後は自由な時間を過ごすことができます。合宿免許の良いところは免許を取得するだけではなく、ちょっとした旅行気分を楽しめるということがあげられます。それゆえ、教習が終わったあとの空き時間は自由に使うことができますが、試験に合格することが大切ですので、学科教習の復習をするなど有効な時間の使い方を心がけたいものです。

入学から卒業までの流れを知る

合宿免許に参加するなら、入学から卒業までの流れも知っておきましょう。まず、教習所に着いたら入校の手続きを行い、その後は視力や聴力などの適正検査が行われます。それから第一段階の教習が開始され、学科教習と技能教習を受講します。教習が終わったら終了検定と学科試験があり、合格すると仮免許が交付されます。仮免許が交付されたら、いよいよ第二段階となり路上教習が始まります。第二段階の教習が終わったら最後の卒業検定があり、合格すると教習所を卒業となります。この段階ではまだ免許は取得できていませんので、運転免許試験場で学科の本試験を受験します。教習所を卒業後、一年以内であれば実技試験は免除されます。https://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?guci=2.2.0.0.2.2.0.0&client=ca-pub-6659263281084445&output=html&h=280&slotname=3592930112&adk=3264637450&adf=3416677517&pi=t.ma~as.3592930112&w=835&fwrn=4&fwrnh=100&lmt=1612951965&rafmt=1&psa=1&format=835×280&url=https%3A%2F%2Fvirtenna.com%2F%25e5%2590%2588%25e5%25ae%25bf%25e5%2585%258d%25e8%25a8%25b1%25e3%2581%25a7%25e3%2581%25ae%25e7%2594%259f%25e6%25b4%25bb%25e3%2582%2592%25e7%259f%25a5%25e3%2582%258d%25e3%2581%2586%2F&flash=0&fwr=0&fwrattr=true&rpe=1&resp_fmts=3&wgl=1&adsid=ChAIgKWOgQYQmsLJgd66y7QREkgAzNUppUdugRGlsL1X_t6-iSEwAz82kIDhUPS5oatC7VDzHTBc8Qf7VSjKiNwvwu7eyWqNkfeoUxTvHTNyyN7LUo7Enhpm8as&dt=1612951786528&bpp=32&bdt=94&idt=43&shv=r20210203&cbv=r20190131&ptt=9&saldr=aa&abxe=1&cookie=ID%3D6978a2a78136fbbe-22e45402e8c500b1%3AT%3D1612905434%3ART%3D1612905434%3AS%3DALNI_MYS1lX9gZFwdvg8Rqi4wdPi1yUkoQ&prev_fmts=240×600%2C0x0&nras=1&correlator=7476603583353&frm=20&pv=1&ga_vid=1872995671.1612951787&ga_sid=1612951787&ga_hid=108781161&ga_fc=0&u_tz=540&u_his=1&u_java=0&u_h=768&u_w=1366&u_ah=728&u_aw=1366&u_cd=24&u_nplug=3&u_nmime=4&adx=85&ady=2003&biw=1349&bih=568&scr_x=0&scr_y=0&eid=21068083%2C21068769%2C21068893&oid=3&pvsid=2106005348674121&pem=423&ref=https%3A%2F%2Fvirtenna.com%2F%25e3%2583%259e%25e3%2583%259e%25e3%2582%2582%25e5%2590%2588%25e5%25ae%25bf%25e5%2585%258d%25e8%25a8%25b1%25e3%2581%25a7%25e9%2581%258b%25e8%25bb%25a2%25e5%2585%258d%25e8%25a8%25b1%25e5%258f%2596%25e5%25be%2597%25e3%2581%2597%25e3%2581%259f%25e3%2581%2584%2F&rx=0&eae=0&fc=896&brdim=0%2C0%2C0%2C0%2C1366%2C0%2C0%2C0%2C1366%2C568&vis=1&rsz=%7C%7CoeEbr%7C&abl=CS&pfx=0&fu=8320&bc=31&jar=2021-02-09-22&ifi=1&uci=a!1&btvi=1&fsb=1&xpc=GDG8sJnTVm&p=https%3A//virtenna.com&dtd=M

合宿免許であると便利な持ち物は?

ファッション系のアイテム

まずファッション関連として、履き慣れたスニーカーを持って行くのがベターと言えます。合宿免許とは言え格好が気になり、例えば高めのヒールを履いていくなどすると、実技の妨げになってしまう恐れがあります。運転練習における危険があると判断されれば、現地での調達を指示される可能性もあるため、予め持って行くようにした方が安心です。移動用の小さなバッグも役立つかもしれません。合宿期間中は、宿泊施設や教習所への移動を繰り返しますので、テキストや筆記用具などを入れられる物があると便利ですし、自由時間に遊びに行く際にも簡単な荷物を入れられる物があると重宝するはずです。荷物にしたくない場合は、折り畳みができる薄手のトートバッグなどを持って行くのが良いでしょう。

生活系のアイテム

スマホの充電器はもちろん、タコ足配線ができる延長ケーブルを持って行くと役立つはずです。コンセントが使いにくい場所にあることも考えられますので、充電をしながらスマホを使いたい時などに便利です。また、相部屋を利用する場合、他の人が充電中ですと不便を強いられることもあるため、複数人で使えるタコ足タイプが役立つのではないでしょうか。洗濯グッズも持って行くと出番があるかもしれません。滞在中は洗濯が必要になることもあり、ハンガーやお気に入りの洗濯洗剤、物干しロープなどがあると不便になりにくいです。他にも、必要に応じてシャンプーなどのヘアケア剤や髭剃り、歯ブラシなども持って行くようにしましょう。2週間ほどの、短いとも長いとも言えない合宿生活の中、使い慣れた物があった方が少しでも快適な生活を送れます。

いざという時に使えるアイテム

合宿期間中は何があるか分かりませんので、もしもに備えて必要になりそうなアイテムを準備しておくのもおすすめと言えます。慣れない生活で体調を崩してしまう人もおり、不安がある人は飲み慣れた薬があると安心です。健康保険証を持っておくのも良いでしょう。まだ運転免許を持っていない場合ですと、何かあった時の本人確認の際に、自分を証明するものがないと不便になり得ます。また、病気やケガなどで病院を受診する可能性もありますので、その際にスムーズに手続きができるようにしておきましょう。合宿中にお金に困ることは少ないものの、キャッシュカードあるいはICカードなどもあると安心と言えます。お金に関する物を持ち歩くのが不安な場合は、スマホで支払いができるようにしておくのも良いかもしれません。

合宿免許と通学免許の違いについて

合宿免許とは?

合宿免許とは、教習所が用意した宿泊施設を利用して短期間で免許取得を目指す方法です。教習所とその近くに用意してもらった宿泊施設を往復しながら、短期集中で免許取得に必要な講義や実技をまとめて受けることができます。そのため短期間で免許を取得したいと考えている人や教習所に通う時間がない人などが利用しており、利用される期間としては夏休みや冬休みなど長期休暇のタイミングが多い傾向があるようです。特に学生が利用しているコースとして知られていますが、社会人が利用していることも少なくありません。

そんな合宿免許のメリットは、何と言っても短期集中で免許取得を目指せる点と教習所に通う手間や時間を省くことができる点です。合宿免許は基本的に教習所と宿泊施設を往復する形となりますし、スケジュールも2週間程度でこなせるようになっています。通学免許よりも講義や実技の内容を一気に詰め込んで試験に臨むことができるため、合格できる確率を高めることができるという点もメリットだと言えます。デメリットとしては2週間程度の予定を空けておかなければいけない点や、合宿免許期間内に合格できなければ追加で費用が掛かる点が挙げられています。

通学免許と合宿免許との違い

通学免許と合宿免許の違いは、どこから教習所に通うのか・免許取得までにかかる期間やスケジュールなどが挙げられています。例えば合宿免許の場合は教習所が用意してくれている最寄りの宿泊施設から通うことになるため、教習所との行き来にかかる手間や時間を省くことができます。それに対して通学免許は自宅や学校、職場などから通うことになるため、通う場所によっては教習所との行き来に手間や時間がかかる点がデメリットです。ただ好きな場所から通えるという点は、通学免許ならではのメリットだという意見もあります。

また合宿免許は短期集中型なのでまとまった期間を教習所の講義や実技に費やすことができるのに対して、通学免許は自分のペースで空いた時間などを利用しながら教習所のスケジュールをこなしていきます。このため合宿免許は短期間で免許取得を目指せる反面まとまった期間を作らなければいけませんが、通学免許は免許取得に時間がかかるものの自分のスケジュールに合わせやすいというメリットがあるのです。このように通学免許と合宿免許にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、その点を踏まえてどちらの方法で免許取得を目指すのか検討することが必要だとされています。