自動車免許の種類はどのような場で役立つ?

1種免許が役立つシーンとは?

合宿免許で取得できる自動車免許には、自家用などの自動車を運転できる1種免許と旅客の仕事に必要な2種免許、作業に生かせる特殊な免許があります。1種免許は普通自動車免許と準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許の7種類です。

普通自動車免許は、総重量3.5トン以下のいわゆる「自家用車」と呼ばれる車種のほとんどと原付バイク、小型特殊自動車を運転でき、生活で車を使うにはこの免許1つで事足ります。準中型自動車免許は普通自動車免許で運転できる車種に加えて軽トラックの運転が可能であるため、生活で役立てるほかに重量がそれほど多くない荷物を運ぶ上で役立つ免許です。

中型自動車免許の場合は準中型自動車免許で運転できる車種に2トントラックも乗れるため、小規模な運送業でも活用できます。大型自動車免許は中型自動車免許で乗れる車種のほか、4トントラックも運転可能であるため、大量の荷物を運ぶうえで便利です。なおAT車限定の場合やトン数限定の場合は、乗れる車種に制限がある点に気を付けなければいけません。

原付免許はスクーターに乗れるため、自動二輪で簡単な移動に適しています。普通二輪免許は普通のバイクに加え、原付免許で運転できる車種やコンバインなど小型特殊自動車が運転可で、ツーリングや農作業で重宝する存在です。大型二輪免許は大型のバイクなどすべての二輪車と小型特殊自動車に乗れます。

2種免許が役立つシーンとは?

2種免許は有料で利用するお客さんを乗せるために必要な免許で、普通2種免許と中型2種免許、大型2種免許があります。普通2種免許であれば定員10人までのタクシーやハイヤーに乗れるため、自動車を使った事業運営が可能です。中型2種免許は定員29人以下の車両も運転できるため、有料のマイクロバスやコミュニティバスの運転に適しています。大型2種免許は路線バスや観光バスなど30人以上の有料車両を運転できるため、バス会社や観光会社で活躍できるでしょう。

特殊な免許が役立つシーンとは?

合宿免許で取得できる自動車免許には、ほかにも特殊な免許が存在します。何らかの作業に役立てられるものが多く、小型特殊免許と大型特殊免許、けん引免許、大型特殊2種免許、大型けん引2種免許の5種類です。小型特殊免許はトラクターなどの小型特殊自動車を運転できるため、農作業で必須の免許といえます。大型特殊免許は小型特殊自動車に加え、フォークリフトや除雪車といった大きめで特殊な作業に使う車両を動かせるため、工場や倉庫、雪道などで作業可能です。

けん引免許はトレーラーや事故で動けなくなった自動車を引っ張って運転する際に必要な免許であるため、大型トレーラーを使って多くの荷物を運搬するときに役立ちます。けん引免許は大型けん引2種免許もあり、こちらは2両以上が連結された路線バスを運転する際に重宝する免許です。最後は大型特殊2種免許ですが、この免許で運転できる車両は現在の日本では走っていません。ただ就職活動などで運転技術の高さを示す存在として使えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です